Picture
Statements [7] to [9] are added to Testimony of Mr.M. He saw JSDF soldiers were picking up something from the ground without caring about wounded persons.

M氏の目撃証言に証言[7]から[9]までを追加しました。M氏は自衛隊員が傷ついた人々の救護をよそに、地面から何かを拾っている姿を見ています。


 
 
Picture
A new slide is added to the slideshow. The curved metal frames are identified. Those are  parts of CH-46 military transport helicopter and it probably belongs to US Marine Corps.


スライドショーに新しいスライドを追加しました。曲がりのある金属フレームの正体が確認され、それはCH-46軍事用輸送ヘリの一部であり、ヘリ自体はおそらく米国海兵隊に所属すると考えられます。

 
 
Picture
A new slide is added to the slideshow. The pictures of curved silver metal frames collected in the crash site are shown.

新しいスライドがスライドショーに追加されました。墜落現場で収集された曲がりのある金属フレームの写真が紹介されています。

 
 
Statements [4] to [6] are added to Testimony of Mr.M. He saw about 100 JSDF soldiers were already at the crash point at 4 o'clock early in the morning.

M氏の目撃証言に証言[4]から[6]までを追加しました。早朝4時の墜落現場で、M氏は100人程度の自衛隊員の姿を目撃しています。
 
 
Picture
New pages "Themes" and "Testimonies" were created. In the testimonies page. the beginning part of Mr' M's testimony is presented. he said he heard the sound of fighters and helicopters flying around the crash site at 9pm, only 2 hours after the crash, . The testimony is to be continued.

新たに「テーマ」と「証言」のページを作成しました。「証言」ページではM氏の証言のさわりの部分を掲載しました。M氏は墜落地点付近を飛ぶ戦闘機やヘリコプターの音を、墜落からまだ2時間しか経っていない午後9時に聞いていると言います。この証言の続きは今後掲載予定です。

 
 
Picture
According to the governmental official report, the blow of rear pressure bulkhead was concluded to be the cause of JAL123 crash. The APU air intake duct floating on the Sagami bay was listed as one of the evidences of the blow above the bay. But, is it possible such a big mass of metal was floating on the sea? 

運輸省(当時)の事故調査報告書によると、相模湾上における圧力隔壁の破壊が123便墜落の原因となったと結論付けられています。相模湾を漂っていたAPU(補助エンジン)の空気取り入れ口は隔壁破壊の証左として挙げられていますが、果たして、このような大きな金属の塊が海上に浮いていられるのでしょうか?

 
 
Picture
A new page "Location" was created. The detailed information of the crash point is explained.

新しく「ロケーション」ページを作成しました。墜落地点の詳しい情報が掲載されています。

 
 
Picture
In the latest slide, the picture of SANYO digital wrist watch collected in the crash site is shown.A military expert said digital wrist watches made in Japan were officially adopted by US Air Force in 80's. The measurement of wrist looks more than 25 centimeters (10 inches), it is much longer than average Japanese male's. If the wrist watch was worn by a crew of USAF plane, it is very possible that one or more US soldiers were also killed in the crash site.

最新のスライドでは、墜落現場で収集したサンヨー製のデジタル腕時計の写真を紹介しています。国際軍事評論家のB氏によると、1980年代に日本製のデジタル腕時計が米空軍に採用されていたと言います。この腕時計の手首周りはざっと見で25センチ以上あり、日本人男性の平均と比べてもかなり大きいと言えます。もしもこれが米空軍機クルーが着用していたものであるならば、墜落現場で一人ならず複数の米兵が絶命した可能性は大きいでしょう。

 
 
Picture
In the latest slides, the identity of the super light weight pieces are revealed. It must be parts of F-117 stealth fighter that had been probably manufactured in Japan at that time and took off somewhere inside Japan to the crash site under special mission.

最新のスライドでは、超軽量部品の正体を明らかにします。それはF-117ステルス攻撃機の部品に間違いないでしょう。おそらく当時日本で生産されており、特殊任務にて国内のどこかから墜落現場に向かって飛び立ったのだと思われます。

 
 
- 2 new slides added to JAL123 slideshow. In the latest slides, pictures of unidentified super light weight plastic pieces are shown.
- "Links",  "About Us" and "Blog"  pages were newly created.

-2つのスライドをスライドショーに追加しました。最新のスライドでは、正体不明の超軽量部品の写真を掲載します。
-「リンク」、「調査チームについて」、「ブログ」の各ページを新たに作成しました。